西久保保育園では毎日子どもたちの笑顔と元気があふれています!

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

西久保保育園

お電話でのお問い合わせ 0422-51-5307

東京都武蔵野市西久保2-18-6 

毎日子ども達の笑顔と元気があふれています!

本文のエリアです。

お知らせ保健だより/子育て支援・豆知識/

夏を元気に過ごす 看護師のアドバイス

 できるだけ涼しい環境を

 エアコンは、無理せず使ってかまいません。ただし、外気との差を5℃以内にし、こまめに換気をしましょう。

 また、出かける前には設定を外気温に近づけ、気温差がないように心がけましょう。

 わりあいと涼しい朝や夕方はエアコンに頼らず、外に出て木陰ですごしたり自然の風にふれさせることもいいでしょう。

 夏かぜ

 夏は高い熱の病気が増えます。熱は40℃くらいになることがあります。発疹やのどの痛み、目ヤニをともなったり、嘔吐や下痢をする事があります。

 夏期熱

 1歳未満のお子さんは、7~8月にかけて、38℃くらいの熱が長く続くことがあります。これは夏の暑さが原因で、体温の調節が狂うためにおこると考えられています。涼しい環境にすると熱は下がります。夜半から出始め、午前中に高く、午後になると下がります。咳や鼻水はなく、機嫌もよいです。

 夏期熱だと決まれば、水分を十分与え、涼しい環境にすることですが、熱が続く時は、感染症や他の病気になっていないか、検査をする必要もあります。

 あせもを予防するには

 あせもは後頭部・胸・背中にできやすいです。

 予防として、汗をかかせないように涼しくする工夫が必要です。アイスノンなど嫌がらなければ使ったり、弱めの扇風機をかけるといいでしょう。

 肌を清潔に保つことが最も大切なので、肌着を頻繁にかえたり、入浴やシャワーをすることはとても効果的です。

ページトップへ戻る